投稿規定改訂のお知らせNEW

2022.05.02 会員向け

2022年5月

会員各位

日本臨床外科学会
編集委員会
委員長 宇田川 晴司

投稿規定改訂のお知らせ

 2022年5月より,『日本臨床外科学会雑誌』の投稿規定が一部改訂されます.
本学会誌では第83巻5号巻末より掲載します.以下に改訂内容を示します.

改訂内容(投稿規定より抜粋)

 

  • 改 訂 前

  • II.投稿上の注意

  • 1.個人としての投稿であるLetter to the Editorを除き,著者には原則として当該診療科の責任者を含むものとする.投稿および掲載の時点で著者の全員が本学会会員でなければならない.ただし,病理,画像などの診断医(2名以内)に関してはこの限りではない.当該診療科の責任者とは,論文内容に関わる部長,診療科長等を指す.当該診療科の責任者が著者に含まれない場合には,当該論文の投稿を了解している旨を記し,当該診療責任者本人が署名捺印した書面(形式自由)を別途提出する.
下向き矢印
  • 改 訂 後

  • 【現行と入れ替え】
    II.投稿上の注意

  • 1.個人としての投稿であるLetter to the Editorを除き,著者には原則として当該診療科の責任者を含むものとし,投稿および掲載の時点で全員が本学会会員に限る.ただし,論文内容に具体的に関わった病理・画像などの診断医,医師以外の医療系専門職者等の合計2名に限り,非学会員を共著者とすることができる.当該診療科の責任者とは,論文内容に関わる部長,診療科長等を指す.当該診療科の責任者が著者に含まれない場合には,当該論文の投稿を了解している旨を記し,当該診療責任者本人が署名捺印した書面(形式自由)を別途提出する.
  • 【新設】
    III.原稿の送付

  1. (6)論文作成における役割の報告書:共著者に非学会員を含む場合,各々の非学会員についての論文作成における役割の報告書を作成し(書式自由),筆頭著者と当該診療科責任者が署名捺印して,PDFまたはJPGファイルとする.

 

ページトップ