投稿規定改訂のお知らせNEW

2023.12.26

会員各位

日本臨床外科学会
編集委員会
委員長 宇田川 晴司

投稿規定改訂のお知らせ

2024年1月より,『日本臨床外科学会雑誌』の投稿規定が一部改訂されます.
本学会誌では第85巻1号巻末より掲載します.以下に改訂概要および改訂内容を示します.
当該投稿規定は,初回投稿受付日が2024年1月1日以降の場合の論文に適用されます.それ以前の投稿論文については旧投稿規定(2022年12月改訂)が適用されます.旧投稿規定は,学会HP TOP>・学会誌>・オンライン投稿規定の最後「旧投稿規定(2022年12月改訂)」よりご確認いただけます.

 

改訂概要
投稿規定の変更(削除・追加)について


この度,日本臨床外科学会雑誌が第85巻4号(2024年4月号)より,電子ジャーナルとなります.それに伴い,カラー印刷料金の撤廃,別刷の作成を取り止め等による投稿規定の以下の条項を削除・追加することとしました.

 

  • II.投稿上の注意
  • ( 中 略 )
  • 9.表・図のカラー印刷を希望する場合は,該当する表・図の番号を明記して論文投稿時に申し出る.
    カラー印刷の申し出については最初の投稿時に限り,論文採用後の白黒印刷への変更は認めない.
    ただし,投稿時に表・図が白黒であっても,査読者からカラー印刷を指示された場合には,それに従うこととする.
  • 10.9.各専門分野で認められている省略記号以外,術語の省略はしない.なお,略語を使う場合は,原則として抄録・本文ともに初出時にフルスペルで明示する.また,外国人名は原語を,薬品などの化学用語は学術名を用いる.
    細菌の名称を学術名で表す場合は,属は語頭のみ大文字,種は小文字で,いずれもイタリック体で表記する.
    ※以降番号繰り上げ

 

  • III.原稿の送付
  • ( 中 略 )
  • 1.(3)図:(A5判程度の大きさとする)
    DOC(X),XLS(X),PPT(X),JPG,TIFF,GIF,AI,EPSおよびPSDフォーマットなどのオリジナルファイルをアップロードする.A5判程度の大きさで明瞭に判別できる解像度(300DPI以上)とし,鮮明な図を用いること.掲載図表の幅は最大15cmに制限されるので,これを超える図表はこの大きさまで縮小される可能性がある.表・図のデータはカラー希望以外のものは必ず白黒のものを使用すること.

 

  • IV.投稿方法について
  • ( 中 略 )
  • 2.論文原稿(ringetoko.doc)は,標準的なフォント(MS明朝,MSゴシック,12ポイント)を用いて以下の順で番号毎(①~⑥)に改ページを行い記述する(1つのファイルで作成する).

    ①表紙(論文種別,題名,所属,著者名,欄外見出し,所要別冊数,所属施設住所,連絡先)

 

  • V.アップロードする論文原稿の様式
  • ( 中 略 )
  • (A)表紙
    1.論文種別:原著,臨床経験,症例報告,特別寄稿(投稿),Letters to the Editorの別を明示する.
  • ( 中 略 )
  • 7.所要別冊部数
    8.7.所属施設住所(4の住所を記載する).
  • ( 中 略 )
  • (E)表と図のタイトルおよび説明文,表・図について
  • ( 中 略 )
  • 4.表・図の色調・コントラスト等は原則として著者の投稿した素材のままとなる.

 

  • VI.著者の負担する費用
  • 1.掲載料は,原著は刷り上がり4ページまで無料,超過1ページ毎に16,500円(税込),臨床経験・症例報告は1篇(4ページ以内)11,000円(税込),超過1ページ毎に16,500円(税込)とする.
  • 2.即時掲載の場合は,刷り上がり1ページ毎に11,000円(税込)加算とする.
  • 3.表・図のカラー印刷を希望する場合,それにかかわる実費は,論文掲載料とは別に著者負担とする.その金額は,カラー印刷を希望した表・図の点数と,それが掲載されるページ数により算出される.例えば,カラー印刷希望の表・図の掲載が1ページに収まる場合で表・図が1点の際は50,600円(税込)で,表・図が1点増える毎に2,200円(税込)が加算される.カラー印刷が2ページ以上にわたる場合のカラー印刷代金については計算が煩雑になるため,別途事務局に問い合わせられたい.
  • 4.3.英文抄録の翻訳を編集委員会に依頼する場合は,6,600円(税込)を著者が負担する.
  • 5.別冊は30部までは無料とし,30部を超える分については著者負担とする.ただし,Letters to the Editorには別冊は作成しない.
  • 6.4.依頼論文は掲載料を無料とし,特別寄稿(投稿)については,原著に準じた掲載料を著者が負担する.
  • 5.掲載論文に対する別刷は作成しない.公開される論文のPDFをもってこれに代える.

 

  • VII.論文種別と原稿枚数
  • 論文 論文
    種別
    合計枚数
    (800字/枚)
    表・図の点数
    (その他4.参照)
    索引
    用語
    著者数 その他
    一般
    投稿論文
    原 著 25枚前後 20点以内 5個以内 12

    1.A4判に800字詰(32文字×25行,12ポイント)横書きとする.

    2.題名の上に原著,臨床経験,症例報告などの種別を明記する.

    3.抄録は和文400字,英文200語以内とする.

    4.表・図1 点を原稿用紙1/2枚と見做す.

    5.著者(共著者も含む)は本学会会員に限る.ただし,論文内容に具体的に関わった病理・画像などの診断医,医師以外の医療系専門職者等の合計2名に限り,非学会員を共著者とすることができる.

    臨床
    経験
    10枚前後 10点以内 3個以内 6
    症例
    報告
    10枚前後 10点以内 3個以内 6
    Letters
    to the
    Editor
    2枚以内 なし なし 1

    1.抄録,索引用語は不要.

    2.文献を付ける場合は3篇以内.

    3.別冊は作成しない.

    4.3.著者は1名

ページトップ